塾の経営をする極意|コンセプトを決めておこう

男性

準備として行うべきこと

お店

見通しを立てる

収入の安定性を重視するのであれば、独立をせずに正社員として働く選択肢が魅力的です。昇給や昇格、ボーナスなど充実した待遇で勤務可能な上、退職金が支給される企業であれば老後までを考えることができます。しかし、待遇の良い正社員の求人は競争率が激しいですし、就職で入社できなければチャンスは少なくなります。また、安定した会社の経営状態が長く続くわけではないので、収入が減ってしまうリスクはあります。たとえば、店舗開業を行って独立をするという選択肢は、収入を大幅にアップすることができるチャンスに期待できます。経営者は自分なので、成功すれば会社員時代よりも多くの収入を得られます。店舗開業を行って独立する場合に必要な準備はしっかりと見通しを立てることです。たとえば、半年後や1年後、3年後などこの先の売上や利益の見通しを立てます。この際に見通しの内容がイマイチだと感じるのであれば、店舗開業による独立はまだ早いと判断可能です。独立さえしてしまえば後はやるだけという考え方があり、成功する場合もあります。しかし、何も見通しが立っていないため、どのように行動すれば良いのか迷いが生じてしまいます。見通しを立てた後に店舗開業を実施すれば、やるべきことが明確になっている分、迷いなく仕事に励めるようになります。店舗開業をした場合は他の企業との競争がスタートします。その中で勝ち抜いていくためには、見通しを立てるという準備は欠かせません。