塾の経営をする極意|コンセプトを決めておこう

男性

時代の流れに乗って

オフィス

インターネットの活用

ここ数年、インバウンドという言葉をニュースで耳にするようになりました。一般的な意味としては、外から中に入ってくる事を意味しますが、業界によって使い方が異なります。ここでは主に、観光業界におけるインバウンドについて説明します。観光業界におけるインバウンドとは、日本を訪れる外国環境客を対象にしたビジネスを指します。外国人観光客が、日本を観光したり宿泊する事で、関係する業界が利益を上げていく事が出来るのです。主に旅行会社やホテル、飲食店、交通各会社などがインバウンドによる恩恵を受けております。外国人観光客が増えた理由としまして、入国ビザの規制緩和や国をあげての観光立国を目指した宣伝効果、東南アジアを中心とした各国の経済が発展して旅行できる外国人が増えた事などがあげられます。このインバウンドビジネスに参じて利益を上げるには、ツアー企画に入れてもらえるような観光地を紹介したり、特産品を仕入れてツアー客に購入して頂くような仕組みを作る事です。特産品販売については、個人でもビジネスを立ち上げる事が出来ます。各観光名所にある特産品をたくさん仕入れて、インターネット上で宣伝する事が良い手段です。特に、SNSやブログなどで拡散していければ宣伝費も制御する事が可能です。短時間のPR動画を作成して、インターネット上で共有する事も効果的です。日本で気に入った特産品を購入した後、帰国後もインターネットを通じて購入してもらえるようになれば、立派なリピーター獲得です。ここまでいければ、インバウンドビジネスを軌道に乗せていけるでしょう。