HOME>イチオシ情報>体験談を参考にして失敗をしない!【結婚相談所利用時の注意点】

体験談を参考にして失敗をしない!【結婚相談所利用時の注意点】

男性と女性

結婚相手の条件はいくつかに絞ろう

婚活で大事なのは、婚活市場における自分の価値を知ることです。職場やプライベートでちやほやされることが多くても、いざ「結婚の相手」として人に見られたとき、まずは内面よりも肩書きのほうが目につきやすいです。そのため、どんなにユニークで面白い人でも、どんなに周りに気が利く人でも、そうしたものは数字化できないため、婚活の武器になりません。婚活サイトに寄せられる体験談にも「職場では優秀なのに、結婚相談所ではぜんぜんモテない」、「元彼みんなに性格がいいと言われたけど、婚活では通用しない」などというものがあります。では、どうすればいいのか。まずは理想を追い求めすぎないことです。あれもこれも持っていて、誰もが憧れるような人ではなく、自分にふさわしい人を探すことが大切です。ゆずれない条件をいくつかに絞り、その中で相手を探したほうが無難です。

ハンド

消極的にならずに積極的に活動を行なおう

婚活をはじめる前の数年間、まったく出会いがなかった人にとっては、結婚相談所に入会して月に数人紹介され、お見合いすることは異様な感じがするかもしれません。また、一人の人とお見合いし、その人と次に会う約束をしたのに、また新しい人を紹介され、お見合いの予定を立てることもそうです。恋愛をいくつもこなしてきた人でも、「結婚したい」という相手と同じ併行で段取りを進めるのは、不思議な感覚でしょう。人によっては罪悪感を感じる人もいるかもしれません。相手をその気にさせておいて、「他にいい人がいたからすみません」と断るのは、いい気持ちはしません。婚活の体験談の中にも、そうした違和感やストレスを吐露したものが多くあります。半年も活動している間に気が滅入ってしまう人もいます。しかしそこは割り切らなければなりません。婚活している人にとって、幸せな結婚のために、誰もが通る道といっても過言ではありません。婚約する前の交際では、「この人ではない」と感じたら遠慮せずに交際を断り、次の人を探すべきです。婚活では積極的な姿勢がとても大切です。