塾の経営をする極意|コンセプトを決めておこう

ウーマン

時代の流れに乗って

来日する外国人観光客に対して行なわれるビジネスがインバウンドです。特に外食産業や交通系の会社が大きな利益を手にすることができます。SNSなどでの宣伝効果が大きいため、費用をかけずに情報共有することも可能です。

機械がなくても対応可能

レジスター

店舗を持つうえで欠かせないのが、レジになりますが、近年様々なタイプがあります。機能を多く持つ機械タイプのレジやタブレットを使用し無料で使用ができるレジなど提供されているものは様々です。各企業のニーズに合った機械を選択することが可能です。

コンセプトが明確な教室

中学生

トップレベルの中学受験や高校受験に特化した学習塾がある一方で、子供の成績低下で悩んでいる保護者も多いのが実情です。したがって成績上位の生徒よりも、中位前後の生徒にターゲットを絞った学習塾の方が、容易に経営できるでしょう。新規に学習塾をオープンする場合には、ゼロから生徒募集を始める必要があり、コンセプトを明確にすることが重要です。小中学校の成績が中位レベルの生徒を中心に指導を行うときには、補習に力を入れることが、経営を短期間で軌道に乗せるためのポイントです。補習をメインに学習指導を行う場合には、開業時に教材の卸業者と相談をして、教科書レベルのテキストを取り揃えるのが理想的です。学校で使っている教科書に準拠したテキストであれば、成績が中位レベルの生徒も、学習内容を理解できる満足感が味わえるでしょう。また学校の授業内容を理解することが、成績アップにも結び付くので、ワンランク上の高校進学を目指すことも可能です。そして着実に高校入試の合格実績を積み重ねることが、安定した経営を実現するための基本であり、そのためには地道な学習指導が大切です。通常授業以外の補習指導も丁寧に行うと、学習塾に子供を通わせている保護者からの評価も高まるので、口コミで生徒が増やせるでしょう。一方で成績アップと志望校合格の実績を積み重ねると同時に、無料体験授業も積極的に行って生徒数を増やすのが、経営規模を拡大するための秘訣です。

準備として行うべきこと

お店

店舗開業を行って独立をしたい場合は半年後や1年後、3年後など将来の見通しを立てるという準備が必要です。見通しを立てた上で独立開業を実施した方が迷いが少なくなるため、やるべきことに集中可能なメリットがあります。